リアサス交換

CB50のサスは全部そうなのか、それとも自分の乗っているこの個体だけがそうなのかわからないけれど、リアサスがボヨンボヨンのバネみたいで、路面をがっちり噛んでる気がしない。用途がほとんど街乗りで、せいぜい年に数回日帰りのツーリングに行くだけなのであまり気にしていなかったけれど、先日ネットオークションでドリーム50の中古リアサスが安価で出品されていたのをみつけ、ものは試しと交換してみることにした。
Dscn7933

Continue reading "リアサス交換"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1年

エンジンを搭載し、キャブのガスケットを新品に交換したらアイドリングの不調が解消した。おそらく二次エアーを吸っていたんだろう。カムチェーンテンショナーを調整したら異音も消え、タイヤの空気圧を適正値にして走ってみたら実に久々に快調に走れた。

このCB50をヤフーオークションで落札して、埼玉から持って帰ってきたのが去年の11月29日、それからちょうど1年になろうとする。

今年の2月にとりあえず走るようになったのが第一段階、

4月に房総を走っていてガスケットが吹き抜け、持ち帰って修理したところが第二段階、

6月に外装を赤に変えたのが第三段階、

シリンダスタッドボルトをAPE用に替えたのが今回の作業で、これでしばらくは普通に走るのではないかと期待。


外装が一番奇麗だったのは6月頃で、その後着実にサビが進行したり塗装が剥げたりしてきている。まあ、20年以上前のバイクを素人が自家塗装したところでたかが知れている。所詮この程度なんだろう。それでも今の時代にこのコンディションのCB50で普通に走れることをうれしく感じる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

折れたネジを抜く

アクセス解析を見てて気づいたが、Googleのイメージ検索で「CB50S」を検索するとここの画像が一件目にヒットする。こんなただの素人のオッサンのブログがトップに来てええんかいと疑問がわく。メンテが一通り終わったらBlogの形式はもうやめようかとも思う今日この頃。

1126-1とは言いつつもうしばらくはやることがある。まず折れたネジがささったままにしておくわけにも行かないので、これを抜かねばならない。昼から始めてもまあ1時間もあれば終わるだろう。
まずヘッドカバーを開けて、上からハンドドリルで折れたネジの中心に穴を開ける。タンクとかケーブル・ハーネス類はジャマにならないようにはずしたりまとめたりしてある。

1126-2ドリルを使うと当然切り子が出てくるだろうから、それがエンジン内部に侵入しないように周囲をウエスとガムテで覆って作業開始。
が、これがはかどらない。ボルトは締め込んでいる途中に折れたので、断面がねじ切れたような形状、つまり真ん中が尖ったようになっていて、ドリルの先端が逃げてしまうのだ。さらにハンドドリルのグリップ部分がフレームにあたってしまってうまく位置を固定できない。
これじゃあ無理でしょうということでしかたなくまたエンジンを下ろす…。

1126-3昨日沖縄そば屋さんで買って帰ったルートビアーを飲んで休憩。ルートビアーは「あんなものは飲み物ではない」「薬だ」「ガムだ」といろいろ言われているがけっこう好き。ただしこの缶入りのやつはいまいちだな。昔(20年以上前)沖縄のA&Wで飲んだときはうまいと思ったんだが。

Continue reading "折れたネジを抜く"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

やり直し

1030-1昨日エンジンを積んだ後で灯火類のチェックをしたら左ウインカースイッチの接触が悪かった。ここは前に自分で分解してハンダ付けなんかをした部分で、いずれ問題が起きるだろうと予想していたところ。予想するだけで対策を講じないのでは意味が無いのであらかじめ左スイッチはオークションで落札してストックしてあります。(余裕)

Continue reading "やり直し"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

エンジンは積んだが…

一応エンジンを積むことは積んだ。
積んでからエンジンをかけてみると問題なく火が入った。

しかし音がおかしい。

なんか音がでかいし、乱雑な音がする。
よくよく調べてみるとカムチェーンとカムギヤの歯が一つずれているようだったので、これをエンジンは積んだままでヒィヒィ言いながら直し、一応の解決を見る。

しかしなんかまだおかしい。アイドリングが高い。ストップスクリューを左へ回し続けてもいっこうにエンジンが止まらず1800ぐらいでアイドリングしている。なんで?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

タンクの悩み

1029-1一応エンジンは組み上がったので積んでしまおうと思う。ついでに外装はずしてフレームの入り組んだところも奇麗にして更にタンクの塗装が浮き上がってる部分も手当てしてやろうと目論む。
そのタンクはこんな具合に、塗装の浮き上がってる面積が着実に増えている。

Continue reading "タンクの悩み"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更にその続き

1027-1近所のバイク屋さんに取り寄せてもらってたスタッドボルトが来た。
両外側においてあるのがCB50Sのスタッドボルト。内側2本がAPE50のスタッドボルト。

Continue reading "更にその続き"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エンジン分解の続き

一夜明けて日曜日の今日。
さてどーするべぇと考えて思い当たったのは去年の年末にフロントブレーキディスクのスタッドボルトを交換した時に使った手段。ボルトの頭に金ノコで切れ目を入れてマイナスドライバーでまわすという。
これやるともうそのボルトは使えなくなるけど、今回はもう新しいのに交換するつもりなので良い。(注:あくまでも素人の思いつきでやってるので、まともな方法ではありません/05.11.19)

DSCN5492まず問題だった右後ろのボルトは比較的素直に抜けた。ボルト基部は無事。クランクケース側も無事。
次に左後ろだが、こいつが言うことを聞かない。ダブルナットをギチギチに締めてモンキーでこれをはさみ、さらにボルトの上に切った溝にマイナスドライバーを差し込んで思いっきり回すのだがびくともしない。
DSCN5494ついに溝を切った部分が崩れてしまった。しかたがないのでボルトの太くなっている部分をヤスリで削って平面を出し、

Continue reading "エンジン分解の続き"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

またまたエンジンおろす

地獄のように続いた仕事のラッシュが一段落して、ようやく時間的にも精神的にもちょいと余裕。(どっちかというと精神的な要因の方が大きいが。)
ずっと懸案だったCBのオイル漏れ対策のため、またまたエンジンを下ろす。
この日の日記に書いてあるような症状があれからもずっと続いていて、良くも悪くもならないような状況。エンジンのシリンダースタッドボルト4本のうち1本にトルクがちゃんとかかっていないからだろうと目算はつくものの、エンジン開けてみてクランクケース側のネジ山なめてしまってたら面倒だな〜と最悪のケースを考えながら躊躇していた部分もある。

DSCN5453まあ何はともあれバラして見てみなしゃあないというわけで作業開始。
現時点でちゃんとエンジンはかかるし回転数を上げない限りは一応普通に走れる。
 
以下エンジンを下ろす手順。かなり自己流。

Continue reading "またまたエンジンおろす"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CB50近況

タイトルにCB50Sなどと掲げている割には最近バイクのことを全然書いていない。ほんとは夏の間に一回ぐらいツーリングに行きたかったけど、それもかなわぬまま明日はもう8月最後の日。一週間ぐらいまとめて休めるのは10月の中旬以降になりそうで、去年の「夏休み」は10月12日ぐらいからだったが、今年はさらに遅くなりそう。

CBは最近またシリンダーガスケットが吹き抜け気味で決して完調ではない。1ヶ月ぐらい前、走っていると何やら排気漏れのようなパスパスいう音が聞こえるようになった。減速してエンジンの回転数が下がったところで再度アクセルを開くと聞こえる。ひょっとしたらマフラーを何度かつけたり外したりしてるうちにガスケットがへたってしまって、排気が漏れてるのかもしれないと思い(素人判断)、新しいエキパイガスケットに交換してみたのだが一向に改善しない。4月の南房総での悪夢がよぎった。が今回はあの時ほど大きな音でもないし、長距離を走る予定も特にないのでしばらく放置して(というか現実から目をそらして)いた。

先週の日曜日、少し時間ができたので藤沢の「バイクライフ・アドバイザー」URFさんにお邪魔してアドバイスを求めた。

Continue reading "CB50近況"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧